回転の特徴

  • 居住される方が好きな方向に、好きなスピードで部屋を360度回転させることができます。
  • 季節や時間帯によって、日照を求めたり、避けたりでき、冷暖房料金の省エネ化ができます。
  • 360度、お好きな景観を楽しめるとともに、風やそれに運ばれる香りを求めたり避けたりと、自然を満喫できます。

特許

  • 日本特許
  • 中国特許

回転図面

戸建住宅基本図 上・1階平面図/下・2階平面図

上・1階平面図/下・2階平面図

ホテル・マンション基本図 メゾネットタイプ平面図

メゾネットタイプ平面図

省エネについて

検討概要

  • ・この「上海万博迎賓館」で提案しました回転技術の採用により(回転)の効果により達成できる冷房エネルギー削減効果を検討することが目的
  • ・冷房エネルギー削減効果はフロアが真南に固定されたケース
    (直射を取り込まないように一日一回転する)との比較で検討する。
  • 名古屋大学 環境工学科 奥宮教授研究室 による試算

真南固定のケース

平面図
平面図イメージ
気象条件

那覇標準気象データ

空調対象スペース詳細
仕様 詳細
床面積
(リビング+ベッドルーム2室)
73.1u
全室容積 190u
方位角 真南(左図)
外壁面積 21.5u
外壁熱貫流率 0.96W/uK
窓ガラス面積 52.4u
室内設定温度/湿度 26℃/60%
空調スケジュール リビングルーム(am9〜pm8)
ベッドルーム(pm9〜am8)
窓ガラス
  熱貫流率(W/uK) SC値
普通複層ガラス
(12mm+6mm)
3.89 0.61

回転のケース

回転のケースイメージ
  • ・ リビングとベッドルームの窓に直射光が当たらないようにフロアは回転
  • ・ フロアは一日一回転するものと想定し、ほかの条件は真南固定のケースと同様

シュミレーション結果

結果グラフ
  • ・各ケースの冷房負荷は、SMASH* Ver2.1.3を用いた。
  • ・空調スペースの冷房は、一般のルームエアコンより行うものとし、電力消費量を求めた。(ルームエアコンのCOPは“3”とした)
  • ・回転モーターの電力消費量は、一回転するのに約1.8kWhであり、これに冷房負荷の発生した日数を乗じて求めた。
  • *SMASH:住宅用熱負荷計算プログラム
  • 一日わずか50円の電気代で34%減
  • ・Dio-ARC(回転)の効果により、、冷房の電力消費量は年間で1,451kWh低減できて、約34%低減効果があった。
  • ・Dio-ARC(回転)にかかる電力消費量は、年間で約603kWhとなった。
  • ・冷房とDio-ARC(回転)に必要な電力消費量の年間積算値は、真南固定が約4.3MWh、回転するが3.5MWhとなった。
  • ・よって、Dio-ARC(回転)により、真南固定時の冷房電力消費量の約34%削減となる結果となった。